株式会社システックス 君が行先を決める。

 

TEAM

TEAM ~夢を追いかける人たちとともに~ 社会貢献

「システックスはなぜ社会貢献活動を行うのか?」システックス壁面t

■システックスは、「自分たちが実現できる規模で、しかもできるだけ長く続けられること」を基本に据えた社会貢献活動をしています。大それたメセナ活動でなく、全国に名を轟かせることを目的とするのでもない、地道に継続させてこそ社会貢献の意義がある、という考えによるものです。また、長野で生まれ長野で大きく育ったシステックスが最優先に還元しなければならないのは、やはり地元長野です。いまやお取引先は全国各地に広がっていますが、スタートした土地・原点である場所を大切に考えています。

■すっかりおなじみとなった「システックス映画試写会・鑑賞会」。1988年にスタートし、これまでに約300本ほどの話題作を提供してきました。また、地域の活性化のためには「えびす講煙火大会」、「長野びんずる」、「長野灯明まつり」などなど、数々のイベントに協賛しています。さらに情報技術を生業とする立場からは、小中学生のIT教育普及のために長野市に寄付金を贈呈。スポーツ面では、冬季ソリ競技の「スケルトン」選手のスポンサーを10年以上務めてきました。またAC長野パルセイロ(サッカーJ3)ではシルバースポンサーを、信濃グランセローズ(野球BCリーグ)では株主を務めています。その他にも大小さまざまなスポーツ大会やイベントでの広告協賛をしています。

■我々は、得た利益を自分たちのためだけに還元することを快しとしません。「夢を応援します。」と言葉にするのは簡単です。システックスはお世話になっている長野のため、明日を担う若者のため、ITの発展のため、微力ながらお役に立つことを喜びと考え、有言実行しているのです。

 

夢を追いかける人たちを応援できるって、ステキなこと!

過去、当社に所属していたスケルトン選手が、4大会連続で冬季オリンピックに出場しました。選手への支援活動や選手との交流を通して、社員全員が共に夢を追いかけました。

私たちは常に利益を出すために、日常の業務を行っていますが、ただそれだけではありません。私たちの仕事はお客様、家族、地域の利益に貢献しています。社会貢献活動はすなわち、長野という地域の活性化に繋がります。それができる「システックス」であることは大きな誇りです。

 

 このページの先頭へ戻る