株式会社システックス 君が行先を決める。

 

Q&A 業務編

こんな失敗しちゃいました!

かかってきた電話を保留する際に間違えて切ってしまったり、相手の方の名前を間違えて伝えてしまったりと、電話応対に関する失敗が多いです。
電話応対での失敗は色々あります。特に最初の頃は、緊張の余り「システックスでございます」を毎回噛んでしまっていたり、自社の人に「さん」を付けてしまったり、ひどいものでした。
入社2日目にして、朝の勤怠管理のチェックをし忘れてしまいました。朝から色々な人に迷惑をかけてしまいました。
電話応対で、会社名ではなく自分の名前を言ってしまいました。お客様の会社名や名前を間違えて先輩に取次いでしまうことも・・。
電話で「お世話になっております」を「お疲れ様です」と言ってしまった。社内の人への応対と間違えてしまいました。
ほとんどが電話での失敗談。新人の鬼門はここか?

社会人もいいな…と思えるのはどんなとき?

特に金銭的な面で今まで親に頼ってきましたが、社会人になって自分で工面できるようになったことです。
得られる知識や経験が多く、毎日が刺激的なところです。
学生の頃はあまり実感しなかった、休日や祝日の有難さが身にしみます。
週末に同期と飲みに行くことです。部署が違う同期と久し振りに会って、楽しく会話をしながら飲むのがいいですね。
休日のありがたさを感じられる。以前はだらだらと過ごしていましたが、「貴重な時間をうまく使わなければ」という意識が芽生えるようになりました。
社会人になると、色々なことがありがたく感じられるものですね…

SE、PGって実はこんな仕事だったのか!

メモをとったり、仕様書を見たりなど、思っていた以上に紙の媒体を使うことが多いように思います。
プログラミングは作業の一つでしかなく、設計やテスト等それ以外の作業が多くあることです。
黙々と作業をしているかと思っていましたが、実際は開発メンバーでコミュニケーションを取りながら作業をしています。
一日中パソコンとにらめっこしているイメージがありましたが、コミュニケーションが重要なお仕事でした。
人とのやりとりが意外に多い。打ち合わせでのやりとりは想定していましたが、開発中にも電話で質問するというのは、考えていませんでした。
意外と賑やかに仕事をしているんです!
 

 このページの先頭へ戻る