HOME

システム開発の株式会社システックス

Salesforce事例紹介
某機械製造会社様(営業支援)

Salesforce事例紹介のトップへ戻る

SalesCloud標準導入による営業活動・結果の見える化

事業内容 各種容器製造、設計、工事含むエンジニアリング
導入サービス Sales Cloud標準機能
適用業務 引合管理
現状と課題 管理者が活動状況を把握できていない
営業担当者が各自でスケジュールを決め営業活動を行っている。報告が行き届かないまま急な外出をすることもある。

Excelで管理されている営業データが活用されていない
営業データは管理者がまとめて保持しており誰でも見ることができない。営業担当者が参照するためには必要の都度管理者に依頼し、管理者がレポート作成して渡すようになっている。

Salesforceの導入による課題改善 個々の営業活動を見える化
各営業担当が自分の活動予定・ToDoを入力
カレンダーと連携させることでスケジュールの自動作成
→自分の予定を商談・顧客と結びつけて管理できるとともに、管理者が活動をチェックすることができる。

商談の確度が変わったり受注予定日が近づいたりした際等のアラート通知
→営業担当者へのリマインドだけでなく、管理者も商談の状況が把握できる。

手軽なレポート出力・データ分析
各人でレポート出力・参照が可能
→必要なときに必要なレポートをいつでも参照することができ、データを営業活動に活かす機会が増加。

商談を顧客・商品と結びつけて管理し、関連データを蓄積
→商談の勝敗分析や、どの顧客にどのような商品が売れているのか、どのような市場の顧客からの引合が多いかといった多様な分析が可能。見込み顧客へのアプローチ方法も検討しやすくなる。

Salesforceの利点 「まずは使ってみる」ことが容易
初めは10人以上を対象に営業支援システムを一気に導入するつもりだったが、どの程度活用ができるか・定着が可能か様子を見るために、少人数で試してみたかった。
Salesforceならば試用ライセンスですぐにプロトタイプを使い始めることができる。実際に使ってみながら機能の要/不要や画面レイアウトなどを検討し、修正していくことが可能。
30日間無料トライアル

お問合せ・お見積もりはお気軽に

お問合せフォーム

TEL:026-226-7277
Salesforce 担当 若林/土屋