HOME

システム開発の株式会社システックス

システックス公式ブログ

2013年03月12日

本社ビル外壁修繕工事を行っています

システックス本社ビルは1992年5月に竣工いたしました。20年が過ぎましたので、メンテナンスのためにビル外壁の修繕工事を行なっています。

ビル正面

ビルの北側と西側に足場を組み、南側と東側はゴンドラ等を使用してシーリング工事、塗装工事、クリーニング工事などを行なう予定です。
高い場所での作業もありますので、周囲の安全には充分気を付けて作業をしていただいています。

ビル西側

足場を組む関係で駐車場のスペースが狭くなり、また通り抜けも出来なくなっております。当社へお越しいただく際にはご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。駐車場についてはご案内をいたしますので、お問合せください。


2011年11月29日

NECしなの会より「地域特別賞」を頂戴しました

11月21日に松本市ホテルブエナビスタで「NECしなの会秋季例会」が行われました。

その中で、当社システックスは、『平成23年度上期NEC関東甲信越量販プラットフォーム拡販キャンペーン「地域特別賞」長野県の部 第3位』で表彰され、表彰状と目録を頂戴しました。

賞状と目録

表彰式に出席した営業部 野口は「他部門の皆様方にご協力いただいたおかげです」と話しております。ありがとうございました。


2011年11月14日

電話網構築工事が完了しました

本日より、当社の新電話網の利用がスタートしました。

当社の電話網は本社と支社間の社内ネットワークを共同利用している形態(IP電話網)だったのですが、近年ネットワークの負荷が増大し不安定になることが多くなり、業務に支障が出るばかりでなく、お客様にも大変なご迷惑とご心配をおかけしておりました。

この度、様々な調整の上、本社・支社ともに新たに電話網を再構築いたしました。

総務部配線工事

先週より業者に入っていただき、新たに本社屋内、支社屋内のネットワーク配線工事を行い、土曜日に最終的な切り替えテストを行った後、本日朝から利用しています。

事務室配線工事

今まで電話が繋がらないことがあるなど、ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。今後とも、よろしくお願い申し上げます。


2011年09月28日

三井住友海上火災保険代理店 品質認定証を頂戴しました

三井住友海上火災保険 認定証総務部のイソザキです。

三井住友海上火災保険様より、
この度2011年度の品質認定(Qマーク認定)代理店ということで認定証をいただきました。

あまりに立派な盾なので少しばかりみなさんにご披露させていただきます。

保険に加入してから満期を迎えるまでの一連の流れを「保険の基本サイクル」と呼んでいますが、
「保険の基本サイクル」を確実に実行するための以下2つの基準を満たした代理店にQマークは認定されます。

  1.保険業務に関してお客様に質の高いサービスを提供できること
  2.保険商品や事故対応に関する知識を有していること

弊社は平成2年から損害保険の代理店です。現在3名が損害保険の資格を保有し、社員を対象にして主に自動車保険と傷害保険の手続きを行っております。
今後とも質の高いサービスを提供できますよう、より一層の努力をしてまいります。


2011年09月09日

自殺予防週間と全国労働衛生週間の取り組みについて

こんにちは。ハナオカです。

ニュースで明日(9/10)から一週間「自殺予防週間」が実施されると報道されておりました。
調べたところによると、「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとして行われるようになったようです。
因みにわが国の自殺者数は平成10年以降連続して3万人を上回るという事態が続いており、そのうち約2,600人が勤務問題を原因・動機の一つとしていること、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合は約6割に上っていることが報告されているそうです。

私が副委員長として参画している社内の安全衛生委員会の中で、産業医の先生を交えての会議を毎月開催して、その時々の課題を挙げて社内の安全衛生面の対策等を話し合っております。
中でも話題に挙がるのは、やはりメンタルヘルスの問題で、デスクワークを長時間続けることが多い仕事でもあり適度な運動や頭の切り替えを行いストレスを上手く解消する手段を個人個人が見つけ出せるような環境を整備してしていくことが今後の課題と考えております。

今月始めに行った会議では、来月(10月1日~7日)に開催される「全国労働衛生週間」に向けて9月中はその準備期間としてそれぞれの職場内で取り組んでいくことになりました。
今年度の労働衛生週間のスローガン「見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場」を目指して取り組んで参りたいと思います。


2011年08月29日

【PartyWeb】NAGANOブライダルフェア2011に出展しました

8月27日(土)にJAアクティホールで開催された「NAGANOブライダルフェア2011」に当社のPartyWebを出展いたしました。

PartyWeb単独としては初めてのフェア参加であり、また主催の新聞社様にとっても初めてのブライダルフェアということで、少し不安を持って当日を迎えました。

結婚式場、ジュエリーショップ、フラワーショップ、旅行会社など多種多様な出展社のなか、やはりPartyWebは異色な存在でした。
インターネット環境を整えて、実際のホームページをご覧いただきながら説明しました。

主催者様の方針で商品名ではなく、「株式会社システックス」と会社名が大きく表示されていたので、「何の会社ですか?」とよく聞かれました。

ブースを訪問してくださったお客様には、招待状などのアイテムや、お二人のホームページを作るということにかなり関心を持っていただけたと思います。

kaijou

当日は幅広い年齢層の方がご来場されました。カップルだけでなく、女性グループや母子などご家族でもいらっしゃっていました。
他社様の商品紹介・展示なども参考になり、当然ながら結婚式場はブースの作り方・見せ方が全く違っていて、感心することしきりでした。

PartyWebはインターネット上の広告を主に運営しておりますので、このように長野の方に知っていただく機会を持てたことは大変よかったと思います。


2011年08月08日

長野びんずる祭りに参加しました

8月6日(土)の18:00より、1万2千人以上が参加した「長野びんずる祭り」のハイライトである踊りが催されました。

当社は仕事で取引のある会社の連に8名が参加し、力一杯(?)踊ってきました。

昨年に引き続き、運営スタッフとして参加した営業部北村がたくさん写真を撮ってくれました。

しゃもじで踊ります

参加したメンバーの中には、びんずるそのものが初めてだったひともいましたが、このような「大勢で踊る」という体験も初めてだったそうで、とても楽しかったそうです。

後姿

拝借した揃いの黄色い法被は、背中に「ばざ~るでござ~る」。こどもに大人気かな?

集合写真

踊りは打ち上げ花火を合図に終了しました。
参加したメンバーは、「いろんな会社の方々と交流できて楽しかった。踊りはいい運動になった。」とのことです。
雨が降らなくてよかったですね。暑い中、たいへんお疲れ様でした!


2011年07月01日

【グリーンカーテン日記】アブラムシ被害に遭ってしまいました

こんにちは。クロイワです。

昨日松本市を中心に地震があり、心配しています。長野市も少し揺れました。システックス松本支社では、社内の機器が倒れるなどありましたが、被害はありませんでした。早く終息してくれることを祈るばかりです。

サツキ終わりましたさて、6月も終わり、7月となりました。
システックス前のサツキはもう終わりです。

アサガオはぐんぐん伸びています。
残念なことに、先週ゴーヤにアブラムシがついてしまい、先が茶色くなってしまいました。
ゴーヤ

殺虫剤を与えて駆除はしましたが、成長が鈍ってしまい、アサガオに抜かれてしまいました。細いツルは伸びているので、なんとか頑張ってほしいです。
ゴーヤとアサガオの背比べ

次々とアサガオのツルがネットにからんできました。60cmに達しています。
グリーンカーテン全景

先週のブログで「観測アサガオを変更します」と書いたところ、「それは冷たいじゃないか」というご意見を頂戴しました。いえ、けして見放すのではなく、観測対象を増やしたつもりでいたのですが・・・
しかし左右とも、真ん中より成長が悪いのはどうしてなのでしょうか。日当たりは同じはずなのですが。そういうわけで、左右端とも少し心配なので、見守っていきたいと思います。

左のアサガオ左のアサガオは、ツルの巻きつき方がきれいです。
わかりにくいのですが。

右のアサガオ右のアサガオも、いよいよツルが伸びてきました!
まだネットに届いてはいないので、風に揺らいでいます・・・

やっとそれらしくなってきたシステックスのグリーンカーテン。ゴーヤの復活を祈っています。アブラムシに負けないで!

スケルトンクラブの越さんのブログによると、グリーンカーテンは全国的に流行しているそうです。みなさん、7月には立派なカーテンになっているのでしょうか・・・。システックスグリーンカーテンは、もう少しかかりそうです。


2011年06月30日

本社ビル変電設備点検

一年に一度、本社ビル変電設備の点検を行います。この点検中は全館停電が必要です。
お昼休みに30分ほどですが、その準備は結構大変です。

変電設備いつもは厳重に鍵がかけられている変電設備。
扉が開くのは点検のときだけですね。

設備内部中はこうなっていました。
点検用の機器が接続されています。

停電開始時間の15分前からサーバーの電源や自分のパソコンの電源を落として準備します。
社員は一人一台パソコンを使っていますし、24時間稼働のサーバーも複数あります。電源を落とし忘れると壊れてしまう可能性もありますので、漏れのないように行わなければなりません。
他にもプリンタやFAXなど、社内には停電すると動かないものばかりです。当然のことながら空調設備も止まり、エレベーターも使えません。
そして、お昼休みに電子レンジが使えないのは残念でした。

点検中

点検は問題なく終了しました。
総務部は1階にあるので曇り空だったこともあって電気が消えるととても暗く、短時間ではありましたが電気の有難さを実感した日でした。


2011年06月28日

世界遺産登録記念? 30年前の小笠原諸島の思い出

6月24日に世界自然遺産に登録されることが決定した小笠原諸島。
世界遺産登録基準のひとつである「陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの」を満たしていると認められたとのことです。

当社には入社前にプロカメラマンとして仕事をしていた取締役がおりまして、今から30年前にNHKのドラマのロケに随行して、父島に行きました。
今でも変わっていないようですが、小笠原諸島でいちばん面積の広い父島でも本土からの交通手段は週一便の船しかありません。船で1泊して島へ到着し、2日間滞在し、3日目に同じ船で帰るというスケジュールだったそうです。合計5日間の旅。
行ったのは1981年11月でしたが、亜熱帯の島だと聞いて行ったのに朝夕は肌寒かったそうです。

時間には余裕があり、仕事の合間にオートバイをレンタルして島をまわったところ、まだ戦争の跡がはっきりと残っていたのが印象的だったそうです。島の沖に沈んだ船が見えたり、丘の上にトーチカが残っていたり・・・。
そのときの写真はどこにいったやら…とのことで、残念ながらお披露目はできませんが、大切に保管されていた雑誌に載った記事を見せてもらいました。1982年1月発売の雑誌です。

30年前の雑誌記事

それ以来再訪はしていないとのことですが、自然も人も、島の様子はあまり変わっていないのでは・・・と思い出話をまとめてくれました。

イルカやホエールウォッチングも有名ですので、私も一度は行ってみたい場所です。


<<前へ 次へ>>